教育と人材育成

国際社会において民間レベル主導の交流として教育をもって協調を図る計画をしております。

 

中国へ行ってきます!

来週、急遽、中国山東威海市栄成市に視察に行ってきます。これは、2005年より進めてきた投資事業ですが、当初は遼寧省大連市にて、出資と言う形で幼稚園事業に対してのお手伝いをする目的の計画を進めておりました。ただし、大連市の政府考えや制度に振り回されて、2年間過ぎました。反省としては、望まれていない所では、事業が成立しないのは、別に中国だから、共産主義だからとかの問題はないですね、逆に資本主義の商売に近いかもしれませんね?当たり前の話です。それを踏まえて、今回は、対象から是非と言う事ですので、日本語の学校をでスタートする計画です、いずれは、介護の方にも広がる計画だと思います。それに対して、弊社は、教育者ではないので、出資と言う形で、協力します。教育レベルで、アジア圏の協調を図れれば、各国共に高度な一歩踏み込んだ理解に基づいた、経済圏が形成されるものと信じております。EUとは、違ったかたちで!すべての既得権を放棄すべきとは言いませんが、過去に拘っていては、迫り来る、時代、成長する世界には、対応できないし、その結果、孤立と言う最悪な状況になると思います。ぽっと出の一過性の流行には、すべてを従う必要はないし、行き着く先を考えると同調するべきではないと考える。しかし、それを大きくこえる世界で、過去からの流れが根拠とされるもの対しては、日本は、それを無視してきたので、準備がされていないと思うので、同調する事を前提に、何らかの意味ある主導権を持っていくことが必要だと考えます。とりあえず、1週間位中国へ行ってきます。最近、とても理解し、少し納得できる諺、”虎穴に入らずんば虎子を得ず”!です。アリス学園さん、興和総合研究所さん、弊社は大したことはできませんが、成功するようによろしくお願いします

・中国山東省威海市栄成市
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%84%E6%88%90%E5%B8%82